仮面ライダーアギト トリニティフォーム

ライダー情報

  • ゲーム内情報
通常攻撃に下段をすくい上げる攻撃が多く、ダウンしかけの敵を追撃しやすい。弱攻撃は隙こそ小さいが、ダウンしないものが多い。強攻撃は、武器を大きく振り回すため、隙が大きい。

  • ライダー情報
記憶を失っていた翔一が、一時的に記憶を取り戻した際に変身が可能となった姿。アギトのグランドフォーム・ストームフォーム・フレイムフォームの力を同時に使用する事ができる。
この姿で敵を撃退した後、再度記憶を失ってしまい、再び記憶を取り戻したときには、すでに最強形態であるシャイニングフォームへの変身が可能となっていたため、このフォームの出番はわずかにその1回のみ。
初期のクラヒーではクウガ・アメイジングマイティと共に「何で最強フォームが出ないで、こんなマイナーフォーム出してんだよ!!」と罪は無いのに大いに叩かれた、不遇のフォームでもある。
必殺技は両足で放つライダーシュート。フレイムセイバー・ストームハルバードを相手に突き刺すファイヤーストームアタック

コマンドリスト

通常コンボ
コマンド 最大ヒット数 ダメージ モーション
弱×2 2   下段キック→上段キック
相手はダウンしないが、隙も小さい。攻撃後に素早く離脱するか、RCで追撃しよう。
弱→強→強→強 4   下段キック→ハルバード横切り→セイバー回転下段打ち上げ切り→ハルバード突き
強×4の隙を小さくした代わり、威力を若干下げた感じ。初撃が違うだけで、運用方法も大きく違ってくる。
横弱×2 2   踏み込み中段キック→中段キック
弱×2の隙が大きくなった感じ。こちらもダウンしないが、攻撃後の隙は依然として小さい。弱×2には無い「中距離から攻撃できる」という長所を生かし、運用していこう。
横弱→強→強 3   踏み込み中段キック→セイバー回転下段打ち上げ切り→両刀下段切り
初撃は踏み込みながら蹴りを仕掛ける。最後はふっ飛ばさないので、RCを使えば下強コンボや横必殺で追撃できる。
下弱×2 2   下段回し蹴り→両刀切り
アギト得意の下段蹴り。弱攻撃唯一のダウンする攻撃。初撃は相手の上段攻撃をかわしながら攻撃できるが、狙ってしないほうがいい。あくまで偶然で起こる事である。
下弱→強→強 3   回し下段蹴り→セイバー回転下段打ち上げ切り→両刀下段切り
こちらも最後の攻撃で相手をふっ飛ばさないので、RCで下強コンボか横必殺で追撃できる。
強×4 4   セイバー打ち上げ切り→ハルバード横切り→セイバー下段打ち上げ切り→ハルバード突き
強攻撃にしては若干隙が小さく、使いやすい。
横強×4 4   回転下段両刀切り→両刀打ち上げ切り→両刀突き→両刀
一撃目から相手をダウンさせる事ができる。姿勢が低くなるため、相手の攻撃をかわすことができるが、発生は遅いし、第一こういうことは狙ってしないほうがいい。実はコレを画面端で連打すると、10HITまでいく。
下強×3 3   セイバー回転下段切り→両刀打ち上げ切り→両刀叩き落し切り
こちらも1撃目から相手をダウンさせる事ができる。最後の叩き落しは相手のダウン速度が速い。
ジャンプ攻撃 1   弱:セイバー切り 強:両刀切り
ダメージは若干強攻撃が強いが、リーチは弱の方が長い。使い分けができるジャンプ攻撃は珍しい。
投げ 6   武器乱舞
追撃はできず、ダメージも低め。だが、乱舞自体は非常に華麗。

必殺技
技名 コマンド 最大ヒット数 ダメージ モーション
フレイムセイバー&ストームハルバード 必殺 5   武器乱舞
隙も小さく、RCコンボの締めにも使いやすい。
ファイヤーストームアタック 横必殺 2   武器で打ち上げ、敵を突き刺す
発生は特に癖は無いが、1撃目を空振りしても2撃目を繰り出すため、攻撃後の隙には注意しよう。こちらもRCコンボのしめに使いやすい。なお、クロスホーンは展開しない。今までは展開していたはずだが。
ライダーシュート ジャンプ中必殺 1   回転してライダーキック
他の回転蹴りを持つオーズ・タコレッグ系統やRXと比べると、癖が無く使いやすい。なおクロスホーンは展開しない。上記と同じく、今までは展開していたはずだが。

関連項目


  • 最終更新:2012-02-29 21:20:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード